読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bluetooth API における REMEMBERED と AUTHENTICATED の違い

c++ - Bluetooth Programming with Windows Sockets - Device in range - Stack Overflow より

Those flags aren't mutually exclusive - a device may be all three or none.

これらのフラグは、排他ではありません。 - デバイスは、三つすべて無しであっても良いです。

REMEMBERED means it is listed under 'bluetooth devices' in control panel. It may or may not be in range. The only guarantee we have with Remembered devices is that they were at some point in range in the past.

REMEMBERED は、コントロールパネルの中の 'bluetooth デバイス' に列挙される事を意味します。それは range (電波範囲)内にあったり、無かったりします。確かな事は、取得された Remembered なデバイスは、それらは過去のいずれかの点で range に入った事です。

AUTHENTICATED means it has been paired with the device - i.e. if a pin is needed, it has been supplied already. A device can be remembered but not authenticated; however any device that has been authenticated (i.e. windows has paired with it) will be remembered

AUTHENTICATED は、ペアリング済みである事を意味します。 - PIN が要る機器に、既に入力してあるなど。デバイスは、REMEMBERED であっても AUTHENTICATED ではない事があります。しかし、どのデバイスも AUTHENTICATED になったら REMEMBERED になります。(Windows のペアリングはそれと一緒です。)

If a device has been previously paired then removed manually, this un-authenticates it and it will be neither remembered nor authenticated.

デバイスは以前、その後手動で削除ペアリングされている場合は、このそれを解除し認証され、それは覚えていないにも認証されますどちらも。