読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Directory Imports

http://doc.qt.io/qt-5/qtqml-syntax-imports.html#directory-imports

A directory which contains QML documents may also be imported directly in a QML document. This provides a simple way for QML types to be segmented into reusable groupings: directories on the filesystem.

QML が含まれているディレクトリーも QML に直接インポートすることができます。これは QML の型をファイルシステム上のディレクトリ毎に再利用可能なグループに分割するシンプルな方法を提供します。

The generic form of a directory import is as follows:

以下はディレクトリーをインポートする一般的な形式:

import "<ディレクトリーパス>" [as <Qualifier>]

Note: Import paths are network transparent: applications can import documents from remote paths just as simply as documents from local paths. See the general URL resolution rules for Network Transparency in QML documents. If the directory is remote, it must contain a directory import listing qmldir file as the QML engine cannot determine the contents of a remote directory if that qmldir file does not exist.

注意: インポートパスはネットワークに透過的: アプリケーションはただのローカルパスのドキュメント同様にリモートパスからドキュメントをインポートできます。 Network Transparency in QML documents の一般的な URL 解決ルールを見てください。もしディレクトリーがリモートの場合、それはディレクトリーのインポートを列挙した qmldir を含む必要があります。qmldir ファイルが存在しない場合、QML エンジンはリモートディレクトリの内容を判断できません。

Similar semantics for the apply to directory imports as for module imports; for more information on the topic, please see the previous section about Importing into a Qualified Local Namespace.

For more information about directory imports, please see the in-depth documentation about directory imports.