Unpacks the source code into a working directory pointed to by ${WORKDIR}. The S variable also plays a role in where unpacked source files ultimately reside. For more information on how source files are unpacked, see the "Source Fetching" section and the WORKDIR and S variable descriptions.

ソースコードを ${WORKDIR} が示す作業ディレクトリーに展開します。変数 S は展開されたソースファイルが最終的に置かれる場所の役割を演じます。ソースファイルの展開方法の更なる情報は、 "Source Fetching" セクションと WORKDIR と S 変数の説明を見てください。