OpenEmbedded ビルドシステムがルートファイルシステムを作成した後に、ポストプロセスコマンドを実行するクラスが追加されます。あなたは、セミコロンで区切られたシェルコマンドを指定することができます。

ROOTFS_POSTPROCESS_COMMAND += "<shell_command>; ... "

コマンドにルートファイルシステムのパスを渡す必要がある場合は、ルートファイルシステムイメージを指す ${IMAGE_ROOTFS} を使用することができます。

Added by classes to run post processing commands once the OpenEmbedded build system has created the root filesystem. You can specify shell commands separated by semicolons:

ROOTFS_POSTPROCESS_COMMAND += "<shell_command>; ... "

If you need to pass the path to the root filesystem within the command, you can use ${IMAGE_ROOTFS}, which points to the root filesystem image.